スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事編 ~その9~(RC-Z工法の巻)

ここでちょっとおさらい?!
とたんちが建てているRC-Z工法について語らせて。

順番は前後するけど,最初に生コンを打ち終わったあとの
壁の断面図を見てください。

IMGP3392.jpg


写真の真ん中付近が壁です。
(白・灰色・白のサンドイッチみたいになってるのね。)
左が室内側で白いのが断熱材。
右側が鉄筋の入ったコンクリート。
断熱材の厚さが約6cm。
コンクリートの厚さが18cm。
これだけ厚みがあれば,強さは言わずもがな。
(ちょっとデメリットとしては,部屋が狭くなっちゃうこと。
でも,とこたんちは台風王国(?!)でもある鹿児島に
死ぬまで住むつもりなので何より強さが一番!!)

すごいなあ~と思うのと同時に,一番ありがたいのは
左側の断熱材とコンクリートの間にすき間が全くないこと。
(コンクリートと断熱材が一体化してるからね。)
小永吉建設さんのホームページに詳しく書いてあるけど,
RC-Z工法では,躯体内結露(内部結露)の心配がないのが特徴。

型枠の内側がこの断熱材で,外側がZパネル(F1カーにも
使われているという素材で作られている)。

普通の工法だと,コンクリートの表面もフラットにはなっていないので,
断熱材や下地材の間にどうしてもすき間に湿気がたまって,
かびたりするそう(いわゆる内部結露というやつ)。

家を建てる前に心配されたのは,コンクリートの家は
かびだらけになるということ。
この内部結露が原因のひとつだと思うけど
RC-Z工法ならその心配もなし

ちなみに普通のコンクリートの型枠だと,両側がベニヤ板などの木の板
だから,コンクリートの湿気を吸って,そってしまったり
するので型枠は一回きりの使い捨て。
RC-Z工法だと,外側の型枠も手入れして
繰り返し使えるので,エコ?!

一般的に高いといわれる鉄筋コンクリート(RC)造りながら,
坪単価40万円台(ごめん,細かい数字忘れた)という
リーズナブルなお値段も大きな魅力


普通の木造住宅とあんまりかわらないんだよー!
木造でも坪単価7~80万するところもざらだもんね。
後々もシロアリ対策とかメンテナンスとかお金がかかるらしいし。
(とこたんちは,やれ生きている無垢材を使ってだの,
 空気清浄機能のあるしっくいでだの注文をつけているので
 もちろんお高くなってます。支払いがこわいっっ)

「うちは絶対木造でなきゃっ」というこだわりがなければ,
鉄筋コンクリート造りは高いからと敬遠してた方にもオススメですよ
RC-Z工法(あっ,なんかセールスマンみたいになっちゃった

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

tokotan

Author:tokotan
とこたん夫婦と3太郎たちのにぎやかすぎる家族です。
家族みんなが健康でいつまでも仲良く暮らすのが目標。
そのための家作りや日々のことについて,
とこたん夫婦が考えたことを
紹介していきたいと思います。

カテゴリ
ページビュー
お気に入りに追加
IEのみに有効です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。